ぽんぽんTシャツ/有袋

¥ 5,390

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

通報する

■弘前の古道具屋でみつけた、古いスタンプ
それは、りんごの出荷で使われていた「スポンジ印」。
りんごを梱包するダンボール箱に品種や等級、個数などを軽やかに押していく様子から業界では「ぽんぽん」と呼ばれているそうです。

果物屋さんなどで、あたり前のように目にするこのスタンプ、実は弘前で生まれた商品でした。

現在では印刷技術の発展により活躍の機会が失われつつあるぽんぽんを、魅力たっぷりのTシャツにしました。
ぽんぽんが持つ味わいや、誰かに教えたくなるりんごの知識が詰まった一着です。

■有袋(ゆうたい)、無袋(むたい) あなたはどっち派?
有袋栽培されたりんごに押されるスタンプ。
袋かけは、大発生した害虫からりんごを守るため明治38年に始まりました。そのメリットは害虫を避けるだけでなく、果皮が薄くて皮ごと食べやすく鮮やかな紅色になり、貯蔵性が高いこと。対して無袋りんごのメリットは太陽をたくさん浴びて育つため、果皮の赤みが濃く、糖度が高く、品種によっては蜜がたっぷり入ること。ちなみに名前に「サン」と表示があるものは無袋栽培のりんごを指します。

■仕様
ビッグシルエットの、着心地がゆったりとしたTシャツです。
低発泡プリント加工でスポンジ印のようなフワフワした感触を再現しました。